Nilsの体験談

投稿日:

1. 年齢
52

2. 性別
男性
3. 留学先の学校名
Nils

4. 留学前の英語力
ビギナーレベルで、ほぼ英語力がない状態。英文法は学校で習ったが記憶に少しある程度、単語数も少ない、英語で会話することは不可能な状態でした。

5. 留学後の英語力
エレメンタリーレベルまで向上した。毎週のテストで単語数もアップ、先生の会話が最初は聞き取れなかったが慣れてきて聞き取れるようになった。一番向上したのがスピーキング力です。自分が多く選択した科目でもあり、相手の話すことを聞く、このシチュエーションでは、こう話すべきという点を教えこまれたので、会話がスムーズになった。また、自分の事について話す事も出来るようになり、気軽に屋外でも外国人と話すという状態になった。

6. 学校での学習環境、授業内容について
生徒ひとりひとりの学習机がありパーティションで区切られており、一人の環境が確保されて勉強に集中できるようになっている。レッスンはマンツーマンで英語のみでの行われる。校内はEOP(エングリッシュオンリー)となっているが、日本語を覚えたい先生もいるので、そこまで厳格になっている。使っているテキストは韓国の英語教科書でコピーされたものであるため、薄かったりして読みづらいものである。リスニング機材も壊れているものがあり、機材(MP3プレーヤー)を何度も交換する事がありました。

7. 学校の食事、生活環境や衛生環境(設備や水回りなど)
寮の食堂で朝、夜の平日は食事できるようになっています。カレーライスなど日本人に合うメニューになっています。お昼は学校のビルの食堂や屋外のファストフードなどで食事していました。寮での生活としては、テレビなし、Wifiはあるがつながりも悪く、動画などは視聴できなかった。部屋は費用によりますが、1人から3人部屋があり選択可能です。キッチンはあるが料理器具はなく、ガスも使えません。水、お湯は廊下のウォーターサーバーを利用します。お風呂はお湯の出るシャワーになります。エアコンは完備しています。屋外ですが寮のビルの1Fにセブンイレブンがあり何でも買えて過ごしやすいところです。

8. フィリピンの環境や驚いたことや楽しかったことのエピソード
フィリピン人の先生たちがものすごくフレンドリーで話しかけてきます。自分の担当の先生以外も声をかけてくれます。男性の先生はオカマの人が多かったことにも驚いたのですが、逆に親切で面白かったです。街中は場所によりますがストリートチルドレンや路肩で家族で寝ている人も見かけます。人に危害は与えないのですが最初は驚きます。楽しかったことはジンベエザメを見に学校のツアーで安くで行けたこと。海はとてもキレイでした。

9. 留学の総論
大学生がほとんどでしたが、先の進路が決まっていて英会話力をあげるため、海外の大学に留学するため、ワーキングホリーデーでオーストラリアに行く等という目的をしっかりもっていた学生もいました。中には遊び目的で授業も受けない人もいます。意識の高い仲間と知り合うことも出来ます。自分は他の学校に留学経験もありますが、自分がこの留学で何を目的に行ったのか忘れずに行くことでしょう。現地には日本人スタッフもいるので安心です。休みにはアクティビティでくつろぐ事も出来ます。社会人でも連続休暇の期間に1週間でも学びに来ている人もいます。まだ、海外に出た事がない人には、こういう場に出かけてみるのも良いかと思います。私が思うには、若いうちに経験していた方がよいです。

-未分類

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.