英語能力テストであるTOEICの試験を決めているならば…。

英語に抵抗がなくなって来たら、頭で考えて日本語に訳そうとはせずに、情景に置き換えてとらえるように稽古して下さい。勝手がわかってくると英会話も英語の読書も認識する時間がもっと短くなります。
通常、英語には、多種多様な効果の高い勉強法が存在して、リピーティングメソッド、耳と口が同時に要求されるシャドウイング、聞き取ったものを書き出すディクテーションと、TVでも人気の海外ドラマや映画をたくさん用いる実践的学習など、際限なく多くのバリエーションがあります。
「学ぶことを楽しむ」をポリシーとして、英会話の総合力を培うレッスンがあります。そこではテーマにフィットしたダイアログを使って話す力を、トピックや歌等の色々な教材を使用することにより聞き取り能力を上昇させます。
オーバーラッピングという手法を試すことにより、ヒアリングの精度が改良される根拠は二種類あります。「発音できる言葉は聞いて判別できる」ためと、「英語の処理効率がアップする」ためだと断言できます。
英語能力テストであるTOEICの試験を決めているならば、携帯情報端末(Android等)のソフトである『TOEICリスニングLITE』というのがヒアリング力の発展に有益なのです。

某英語スクールのTOEICテスト向け対策講座は、全くの初級段階から上級段階まで、目標スコアレベルに応じてなんと7段階に分かれています。あなたの弱いところを細かくチェックし得点アップを図れる最良のテキストを揃えてくれます。
英語の学習は、何よりも「英文を読み解くための文法規則」(文法問題に解答するための受験勉強と識別しています。)と「最小限の必須英単語」を獲得するやる気と根性がいるのです。
英語というものには、特色ある音の結びつきがあるのです。こういった知識を知らないと、どんなにリスニングをしても判別することができないでしょう。
一般的にアメリカ人と言葉を交わす場合は多いかもしれないが、英語を話せるフィリピン、インド、メキシコ等の人達など、現にかなり訛っている英語を聞くことができるというのも、不可欠な英会話における能力の大切な条件なのです。
某英会話教室には幼児から学べる子供の為の教室があり、年齢と学習度合を基準にしたクラスに区分けして英語教育を実践しており、初めて英会話を学習する子供でものびのびと学ぶことができるのです。

おしなべて英和事典や和英辞書等を役立てることはすごく有益なことですが、英会話習得の初級者の段階では、辞書だけに依存しないようにした方が良いと言われます。
話すのは英語だけという英会話の授業は、日本語を英語にしたり英語の単語を日本語に置き換えたりという訳す作業を徹頭徹尾排斥することで、英語のみで英語を完全に把握する思考回路を脳に作り上げます。
英会話のレッスンはスポーツの訓練と同じように、あなたが話せる中身に似たものを取り上げて、聞いた言葉そのものを口にすることで繰り返すことが何にも増して大切です。
著名なロゼッタストーンでは、翻訳してから考えたり、単語とか文法をまんま覚えるのではなく、外国で普通に生活するみたいに肩の力を抜いて海外の言葉を習得します。
何かをしながら同時に英語を聞き流す事そのものは大切なことですが、1日ほんの20分位でも本格的に聞くようにし、発音の訓練やグラマーのための学習は存分に聞くことをしてから行いましょう。

「学ぶことを楽しむ」をスローガンに…。

英語オンリーで話すレッスンというものは、いったん日本語から英語に置き換えたり英語から日本語に置き換えたりといった翻訳する工程を全て消失させることで、英語そのもので英語を認識する思考回線を頭の中に作っていくのです。
有名な英語能力テストのTOEICの挑戦を想定しているのなら、スマホ等のプログラムの『TOEICリスニングLITE』という英語訓練プログラムがヒアリング力の発展に役立ちます。
しょっちゅう、幼児が言葉を会得するように英語を学習しましょうという言い回しがありますが、幼児が着実に言葉を使用することができるようになるのは、実のところ物凄くたくさん聞き取ることを継続してきたからなのです。
暗唱していると英語が頭の中にストックされるので、とても早い口調の英語でのお喋りに対処するには、それをある程度の回数繰り返していけば可能だと思われます。
英語の受験勉強などの技術を高めるだけでは英会話にはあまり役立たない。むしろ、英語で理解・共感する能力をアップさせることが英語を操るために間違いなく必須事項であると見ている英会話学習方法があるのです。

月謝制で有名なジョーンズ英会話と呼称される英会話教室は、国内中に拡張中の英会話学校で、大層高評価の英会話スクールといえます。
暗記すれば間に合わせはできても、永遠に英語の文法は分からないままです。暗記よりも自ずと認識して全体を構築できる英語力を培うことが大事なことなのです。
一般的にTOEICで、高スコアを取ることを目的として英語学習している人と英会話を自在に操れるようになるために英語教育を受けている人では、結局英語を用いる力に大きなギャップが生まれるものである。
ある英会話スクールは特徴として、「基本的な会話なら問題ないけれど、実際に言いたいことが自由に表現できない」という、中・上級レベルの方の英会話の苦しみを片づける英会話講座のようです。
「学ぶことを楽しむ」をスローガンに、英会話の実力を上げる講座があります。そこではテーマにぴったりのやり取りで話す能力を、トピックや歌等の多種多様なテキストを用いることで聞く力を増進します。

オンライン英会話のあるサービスは、このところウワサのフィリピンの英会話リソースを上手に活用した教材で、なんとか英語を習いたいという日本の方々に英会話のチャンスを格安でお届けしています。
最近話題のピンズラー英会話とは、ポール・ピンズラーDr.が発明した教育用メソッドで、子供の時分に言葉を記憶するやり方を利用した耳と口を直結させることによって英語をマスターするという今までなかった英会話メソッドです。
総じて英和事典や和英辞典など、様々な辞典を活用することそのものはすごく重要なものですが、英語の勉強の第一段階では、ひたすら辞書だけにあまり頼らないようにした方がベターです。
いわゆる英語の成句や、名言、格言、ことわざ等から、英語を身につけるという取り組み方は、英語の勉強自体を長きにわたり継続するためにも、何が何でも活かして欲しいことなのです。
「イギリス、アメリカ等の英語圏の国に行く」とか「外国人の友人を作る」とか「英語のDVDや、歌詞が英語の歌や英語でニュース番組を観る」というように、色々なやり方が一般的ですが、ともあれ基本的な英単語をおよそ2000個程度は覚えることです。

iPhoneなどの携帯や人気の高いAndroid等の英語の報道番組の携帯ソフトを毎日使うことで…。

普通「子供が成功するか失敗するか」については、両親の持つ責務が大変重大なので、大切な子どもへベストの英語の習得法を与えていくことです。
レッスン時の注意ポイントを鮮明にした実用的クラスで、他国独特のふだんの習慣やエチケットも簡単に習得することが可能で、他者と交流する能力をも培うことができます。
iPhoneなどの携帯や人気の高いAndroid等の英語の報道番組の携帯ソフトを毎日使うことで、耳が英語耳になるように注力することが英語上級者になるための最適な手段なのである。
TOEICなどの英語能力テストで、高い成績を取ることを主眼として英語の習得を目指している人と自由に英語を話せるようにする目的で英語レッスンを受けている人とでは、一般的に英語力というものに差異が見られます。
英会話タイムトライアルを行う事はすごく実効性があります。表現の仕方は難しいものではなく、現実的に英語での会話を思い描いて、短時間で会話が成立するようにトレーニングします。

世界中で愛されている『ドラえもん』の英語学習用の携帯アプリ「ドラえもんイングリッシュコミックス」等も売られているのです。よって勉強の合間に利用してみると非常に英語の勉強が楽しくなってきます。
元来文法の学習は重要なのか?という詮議は四六時中されているが、自分の経験からすると文法を理解しておけば、英文を把握する時の速度が革新的にアップすることになるので、のちのち手を抜けます。
評判のDVDを用いた教材は、英会話を主要30音で訓練するものです。30個の音を言う際の口の動きがものすごく見やすくて、有用な英会話能力が習得できます。
英語には、言ってみれば独自の音どうしの相関性があるということを意識していますか?この事実を頭に入れていないと、どれだけリスニングを多くこなしても全て判別することが難しいでしょう。
手始めに簡単な直訳は捨て去り、欧米流の表現をそのまま真似する。日本人の発想で適当な文章を書かない。手近な言い方であればある程、語句のみを英語に変換したとしても普通の英語にならない。

「学ぶことを楽しむ」を標語として、英会話の総合力をグレードアップさせる講座があります。そこではテーマにぴったりのダイアログを使って会話力を、トピックや歌といった数多くの教材を用いることにより聞く能力を向上させます。
暗唱することにより英語が自然に保存されていくものなので、大変早い口調の英会話のやり取りに対応していくには、それを一定の量でヒアリングすることができれば可能だと思われます。
YouCanSpeakの主な特徴は、耳を使って英会話を学んでいくということよりも、まず話すことで英語を勉強する種類の教材なのです。何はさておき、優先度を英会話において勉強したい人達にちょうど良いと思います。
何のことかというと、言いまわしが着々と聞き取ることができる次元になってくると、フレーズ自体をひとまとめにして頭脳に集められるようになるということだ。
難しい英文が出てきても、多くのフリーの翻訳サイトや沢山存在する辞書サイトを使うことで日本語に変換できますので、そういうサービスを参照しながら学ぶことをみなさんにお薦めします。

他の国の方々もお客さんになって訪れる最近人気の英会話Cafeは…。

やさしい英語放送VOAの英語によるニュースは、TOEICに頻繁に出題される政治や経済における問題や文化や科学の言語が豊富に出てくるので、TOEIC単語の習得の方策として効果を上げます。
VOAというものは、若い日本人の英会話受験者達の間でずいぶんと人気があり、TOEIC得点650~850を目論んでいる人たちのツールとして、手広く利用されています。
英語を鍛えるためには体を動かすことと同等で、あなたが話せそうな内容に近いものを選んで、聞いた言葉そのものを発音してひたむきに練習することが何よりも大切です。
英会話中に、知らない単語が出てくる機会がよくあります。そういう折に大切なのが、話の展開からたぶんこんな中身かなと推理することなんですよ。
人気の英会話カフェには、体の許す限りたくさん足を運びたい。料金はおよそ1時間3000円くらいが相場といわれ、時間料金以外に会費や入会費用が必須条件である箇所もある。

英会話を勉強する際の意気込みというよりも、実践する際の心の準備といえますが、コミュニケーションのミスを危惧せずにどしどし話していく、このスタンスが上手な英会話の極意だといえます。
ユーチューブや、WEBで利用できる辞書とかツイッターやフェイスブックなどのSNSの利用により、海外旅行の必要もなく全く簡単に英語まみれの状態が形成できるし、ずいぶん効果のある英語の教養を得られます。
多くの事を暗記していれば応急措置的なことはできても、ある程度時間が過ぎても英語の文法自体は身に付かない。むしろきちんと把握して全体を見通せる力を手に入れることが大変重要です。
オーバーラッピングという手法を通じて、ヒアリング力も改良される訳は2個あり、「発語可能な音は聞いて判別できる」ためと、「英語の対応速度が向上する」ためのようです。
他の国の方々もお客さんになって訪れる最近人気の英会話Cafeは、英語を勉強中だけれども訓練の場がない人と、英語で会話できる場所を探索中の方が共に楽しく話すことが可能な環境だと言えます。

より上手にトークするためのやり方としては、ゼロが3つ=「thousand」として読み替え、「000」の左側の数字をはっきりと言うようにするのが肝心です。
『英語を好きに操れる』とは、閃いた事が直ちに英会話に変換出来る事を表しており、口にした事に応じて、様々に自分を表現できることを言います。
ある英語教室のTOEICテスト向け対策講座は、初心者レベルから上級者レベルまで、ターゲットとするスコアレベル毎に7コースと充実しています。難点を周到に精査し得点アップに有益なあなたのためのテキストを揃えてくれます。
国際コミュニケーション英語能力テスト(TOEIC)で、高レベルの得点を上げることを目的として英語指導を受けている人と英語をぺらぺらしゃべれるようになりたくて英語学習している人とでは、最終的に英語力に大きな落差が見られるようになります。
緊張しないようにするには、「長時間、英語で会話する席を1度だけもつ」場合よりも、「短い時間であっても、英会話する機会をいっぱい持つ」ことの方が非常に優れています。

他のことをしながら並行して英語を聞き流すという事もとても大事なことですが…。

ラクラク英語マスター法のやり方がどのようなわけでTOEIC対策に有効なのかというと、正確に言うと一般的なTOEIC試験対策のテキストや講座には見られない独特の観点があるからです。
評判のヒアリングマラソンとは、ある英会話スクールで非常に人気のある講座でPCでも受講できて、効率的に英語リスニングの稽古ができる大変有用な教材の一つと言えます。
とある語学学校では、「初心者的な会話ならなんとかこなせるが、心から言葉にしたいことが的確に表せない」といった、中・上級段階で多い英会話における問題を克服する英会話講座になります。
知名度の高い英語の警句や格言、諺から、英語を学びとるというアプローチは、英語の勉強自体を長らく維持していくためにも、何としても使って頂きたいものなのです。
英会話でタイムトライアルしてみる事は大変実用に適したものです。喋り方はかなり易しいものですが、兎にも角にも英会話することを想定して、即座に会話が流れていくように稽古していくのです。

通常、英語の勉強をする場合は、①何よりもリスニング時間を確保すること、②脳そのものを英語だけで考えられるようにする、③暗記したことをしっかりと保持することが肝要になってきます。
他のことをしながら並行して英語を聞き流すという事もとても大事なことですが、1日20分位完全に聞き取るようにして、話す訓練や英文法を学習することは存分に聞き取ることを実施してから行うべきです。
英語で話すことは、海外旅行を危険な目に遭うことなく、かつまた愉快に経験するための道具と言えるので、海外旅行で度々用いる英会話というものは、さほど多いというわけではありません。
月謝制のジョーンズ英会話という名称の英語教室は、国内全部に拡大しつつある英会話講座で、とっても評判の良い英会話スクールなのです。
英語で会話するには、何よりもグラマーやワードを学ぶことが不可欠だと思われるが、特に英会話のための目標をちゃんと策定し、無自覚の内に作り上げているメンタルブロックを除去することが大切なのです。

あるレベルまでの外国語会話の基礎があって、そこから自由に話せるレベルにすんなりと変身できる人の性格は、恥ずかしい失敗を恐れないことだと言えます。
普通、幼児が言語を習得するように英語を勉強すると言ったりしますが、幼児が正しく話ができるようになるのは、実のところとても沢山言葉のシャワーを浴びてきたからなのです。
通常、英語の勉強という点では辞典というものを有効に使うことはことのほか大切だと思いますが、実際の学習の際に初めの時期には辞書そのものに依存しない方が結局プラスになるでしょう。
iPodとiTunesを一緒に使うことで、入手したプログラムをどんな時でもお好みの場所で聞くことが可能なので、少し空いた時を効果的に使うことができ英語の勉強を難なく継続することができます。
評判のスピードラーニングは、盛り込まれている練習フレーズが生きた英語で、日常的に英語を使っている人が暮らしの中で使うような感じのフレーズが基本になって作られています。

アメリカの企業のいわゆるカスタマーセンターの主だったものは…。

「人が見たらどう思うかが気になるし、欧米人と対面しているだけで神経質になる」というほとんど日本人だけが秘めるこのような「メンタルブロック」を除去するだけで、いわば英語は楽々と話すことができるものなのだ。
ふつう、英会話を習い覚えるためには、アメリカやイギリス本国、イギリス系の多いオーストラリアなどの日常的に英語を使っている人や、英語というものを一日中使う人と会話を多くすることです。
英会話を行うには、ひとまずグラマーやワードを勉強することが不可欠だと思われるが、何より英語を話すことの狙いというものをきっちりと設定し、いつの間にか張りめぐらせているメンタルブロックを崩す事が肝心なのです。
有名な英語能力テストのTOEICの試験を考えているあなたには、携帯用アプリケーションの『TOEICリスニングLITE』という訓練プログラムがヒアリング力の発展に非常に効果があります。
最先端のバーチャル英会話教室というものは、アバターを使用するので、いかなる格好でいるのかや身なりに気を付けることは必要なく、インターネットならではの身軽さで授業を受ける事が可能なので英語の勉強に注力できます。

よく聞く「30日間英語脳育成プログラム」は、聴覚に入った言葉を声に出して反復して行います。とすると、英語を聴き取る力がとてもアップしていくという勉強法なのです。
『なんでも英語で話せる』とは、喋りたいと思った事が即座に英語音声に転換できる事を指していて、言ったことに応じて、様々に言い表せることを示しています。
アメリカの企業のいわゆるカスタマーセンターの主だったものは、アメリカではなくフィリピンに存在するのですが、当の電話をかけているアメリカの顧客は、話し中の相手がフィリピンにいるなんて全く知りません。
ロゼッタストーンというのは、日本語を使わない状態で、習いたい言葉にどっぷりと浸かりながらその外国語を吸収するという、いわゆるダイナミック・イマージョンという勉強方法を採用しているのです。
英語会話というものは、海外旅行を安心して、かつまた愉快に経験するための一種の用具のようなものですから、外国旅行で使う英語の語句は、人が言うほどには大量ではありません。

音楽のようにただ聞くだけの英会話シャワーだけではリスニングの力は変わらないのです。リスニングの技量を向上させるなら最終的にはとことん何度も音読し発音することが必要なのです。
NHKラジオで流している英会話関係の番組は、いつでもPCを用いて学習できるし、ラジオのプログラムとしては高い人気があり、コストがかからずにこれだけのレベルの英会話講座は他にはないといえるでしょう。
人気の英会話カフェの目だった点は、英会話スクールの特徴と英会話を楽しめるカフェ部分が合体している手法にあり、言わずもがなですが、カフェ部分のみの活用ももちろんOKです。
スカイプによる英会話学習は、通話にかかる費用がただなので、すごくお財布の負担がない学習方式です。通学時間も節約できて、気が向いたときにあちらこちらで勉強することが可能なのです。
通常、コロケーションとは、いつも一緒に使われるいくつかの言葉の連なりのことで、ごく自然に英語で話をするならばこの周知がことのほか大切なのです。

会話の練習や英語文法の勉強は…。

会話の練習や英語文法の勉強は、ともかく存分にリスニング練習をした後で、要するに暗記にこだわらずに自然に英語に慣れるという方法を選択するのです。
「英語圏の国を旅する」とか「ネイティブと友達になる」とか「台詞が英語の映画や、英語を使った音楽やニュース番組を英語で視聴する」等の多くのやり方が存在するが、とりあえず最初に英単語そのものを数多く記憶することです。
何回も声に出す実践練習を繰り返します。そういう時には、語調や拍子に耳を傾けるようにして、そっくり真似するように行うことが重要です。
英語の一般教養的な知識などの技能をアップさせるだけでは自然な英会話はできない。知識に代わって、英語のEQ(教育指数)を上げることこそが自由に英会話できるようになるために最優先で重要事項であるという発想の英会話講座があります。
実際の英語の会話では、覚えていない単語が混じっていることが時折あります。そのような時に効果が高いのが、会話の流れによってほぼこういう感じかと推理することなんですよ。

「好奇の目が気になるし、欧米人と対面しているだけで肩に力が入る」というほとんど日本人だけがはまっているこれらの2つの「メンタルブロック」を取り去るのみで、英会話は楽々と話せるものである。
漫画『ドラえもん』の英語版携帯アプリケーション「ドラえもんイングリッシュコミックス」等も市販されており、効果的に使うとこの上なく英語の勉強が身近に感じられるようなります。
アメリカの大規模会社のカスタマーセンターというものの九割方は、実際はフィリピンに配置されているのですが、コールしているアメリカの顧客は、受け答えしている相手がフィリピンに存在しているとは気づきません。
iPodとiTunesを一緒に使うことで、英会話番組を購入して好きな時にどこでも英語リスニングすることができるから、ちょっとしたヒマを効果的に使うことができ英語トレーニングを何の問題もなく継続することができます。
いわゆるTOEIC等で、高い成績を上げることを目的として英語の学習をしているタイプと英語を何不自由なく使えるようにしたくて英語を勉強している人では、通常英語を話すという能力に明白は開きが発生するものです。

人気のYoutubeとか、辞書ツールとかツイッターやフェイスブックなどのSNSの利用により、国内にいながら難なくどっぷり英語にまみれた状態が構築できて、とても適切に英語を学習することができます。
聞き流しているのみのただ英語のシャワーを浴びるだけではリスニングの力は好転せず、リスニングの技量を引き上げるには何と言っても無条件に繰り返して音読し発音することが肝要だと言えます。
こういう要旨だったというフレーズは覚えがあって、そのようなフレーズを繰り返し聞いていると、その不明確さが次第にしっかりしたものに変わっていくのです。
一般的に英会話という場合、それは英会話を学習するということだけではなくて、ほとんどの場合聞いて理解できるということや言語発声のための勉強という内容がこめられています。
英会話が中・上位レベルの人には、とりあえず最初はDVDなどで英語音声+英語字幕を薦めています。英語で音と字を同時に視聴することで、どのような内容を述解しているのかもれなくよく分かるようにすることが重要なのです。

CGの体験談

CG

1. 年齢
25

2. 性別
女性

3. 留学先の学校名
CG

4. 留学前の英語力
文法・単語力ともに中学生レベルで、まともに会話ができないのはもちろん、とてもゆっくり話されないと英語の内容が理解できない程度

5. 留学後の英語力
1週間という超短期留学でしたが、なるべくスピーキング能力が向上するようにワンツーワンの会話の授業を多めにしたためか、簡単な会話ができるようになりました。また、リスニングも留学前に比べると格段に聞く事ができるようになりました。ワンツーマンレッスンでは会話の癖を直してくれ、留学前に比べて正しい英語を理解することができるようになりました。ほぼ0の状態から少しだけ理解できるくらいの英語力しか身に付きませんでしたが、留学後には外国人に積極的に英語で話してみようと意欲がわくようになりました。

6. 学校での学習環境、授業内容について
学校はスパルタ形式で、平日は外出ができず、英語で会話しなければいけません。超短期間だったからかもしれませんが、はじめの1~2週間は英語で話すことを躊躇って無口でいる人がかなり多く、長期でいる人ほど英語で休み時間にもフランクに話していたような印象があります。授業は自分の英語力と勉強したい分野に沿ってあらかじめコーディネートされており、スピーキング・リスニング・ライティングそれぞれをバランスよく勉強できます。ライティングに関しては単語テストとエッセイの提出が毎晩あります。

7. 学校の食事、生活環境や衛生環境(設備や水回りなど)
スパルタタイプの学校で、平日は外出ができないのですが、そもそも学校外はあまり治安がいいとは言えないので、むしろ安全に生活を送ることができます。金曜日~日曜日は外出も可能ですし、様々な旅行企画が提案されていることもあります。韓国資本の学校のため、食事は韓国式のものが多く、私の口には正直会うものが少なかったです。あまりにも口に合わず、ごはんが食べられない場合でもコンビニのようなお店も学校内にあるので、そうしたところでお菓子や飲み物を買って空腹を紛らわせていました。また、設備や水回りに関しては日本に比べて非常に貧弱で、トイレには紙や便座がない、異臭がするのは当たり前で、シャワーについてもお湯が出ない程度だったらまだましで、水すらあまり出ないことも多いです。

8. フィリピンの環境や驚いたことや楽しかったことのエピソード
覚悟はしていたのですが、とても蒸し暑い上に水回りや設備の貧弱具合には正直驚きました。ただ、そんな環境でもコース終了後に現地でできた友達と一緒にセブ島の観光ツアーに参加したのはとてもいい思い出です。学校からツアーに参加する道中で、現地の人が使っている乗合タクシーのようなものを学校が手配してくれて乗り、フィリピンの人たちがどのように生活しているのかを垣間見ることができて面白かったです。また、ツアーでは滝の裏に入ったり、ドルフィンウォッチングに参加しているかの群れをたくさん見ることができたりと、フィリピンの大自然を体感することができました。

9. 留学の総論
英語が本当に苦手で大嫌いでほとんどしゃべれなかったのですが、「日本人の中ではちょっと喋れる方かも?」と思うことができ、英語を積極的に勉強し、外国人の友達ができるよいきっかけになりました。今時アプリや日本国内でもできそうなことを、お金を払って海外にわざわざ行って行うことで、自分が英語の勉強から逃げることができない状況を作り出すことができたのが、個人的には合っていたのだと思います。ただ、水回りや食事に関してはよいとは言えず、長くても2週間くらいが限界かな……と感じてしまいまいた。それでも、あえて異国の地で勉強することで、日本国内ではなかなか作ることができない「英語しか通じない世界」に触れることができるので、海外にあまり行ったことがない方にこそおススメできる留学だと思います。

アーグスイングリッシュアカデミーの体験談

アーグスイングリッシュアカデミー

1. 年齢
29歳

2. 性別
女性
3. 留学先の学校名
アーグスイングリッシュアカデミー

4. 留学前の英語力
日常会話をジェスチャーをすれば何とか伝わるレベルでした。また、ライティングが非常に苦手で、書けないけれど会話や読むのは何とか出来ました。

5. 留学後の英語力
ジェスチャーをしなくても日常会話が何とか出来るレベルになりました。苦手意識のあったライティングも集中的に学習でき、根本から解消してくれました。先生が良くしてくれたので、モチベーションも上がり、英語が益々好きになったのは大きかったです。フレンドリーな先生が多かったので、過ごしやすく、質問もしやすかったのが印象的でした。日常会話の中で忘れがちだった基礎の文法も自然と考えながら正しい英語を話せるようになりました。

6. 学校での学習環境、授業内容について
学習環境は、正直あまり良くは無かったです。先生は平気でお喋りしますし、授業の方法も先生のやる気次第で変わってきます。ただ、基本はいい先生なので、話をしてこうして欲しいと注文をすれば分かってくれます。あとは留学生のやる気次第というところでしょうか。私は宿題が出されなくても文章を書き持っていきましたし先生と積極的に会話をするようにしました。先生によっては色々な考え方があるので宿題を出されたという話やいい先生もいるので、先生と自分自信にかかっていると思います。

7. 学校の食事、生活環境や衛生環境(設備や水回りなど)
学校のご飯提供はなく、皆ローカルのレストランで食事をしていました。ここでも留学生が気をつけなければいけないところですが、衛生的ではないので、アメーバーや風邪で寝込んだり入院する人も多かったです。立地は比較的治安の良い場所でショッピングモールも近く、安心して留学を楽しむことが出来ますが、路地に入ると危険な場所になるので油断しない方がいいと思います。

8. フィリピンの環境や驚いたことや楽しかったことのエピソード
フィリピンではトイレにトイレットペーパーが無いのが基本なのでどうしても荷物が多くなります。また、トイレの使い方が分からない住民も多いので、トイレの便座になぜか足跡があったりとお尻をつけられる環境では無かったので、自然と不自然なようのたし方が身につきます。ですが、現地の人は優しく、暖かく迎えてくれるので過ごしやすい環境ではあります。海などの観光名所は自然豊かな美しい場所なので出かけると心がけて休まりますが、あくまで治安が悪いので、注意を怠らないことをお勧めします。

9. 留学の総論
不満と満足できるところはそれぞれ沢山ありました。ただ、この留学を通して言えることは、やはり他力本願では何も物事が進まないということです。留学の中でも現地の人にセクハラされた人やお金を盗まれた人、勉強をせずに物価が安いので飲み歩くのみの人と色々な方を見てきました。目標をしっかり決めて羽目を外しすぎないことが留学をより充実させるポイントだと思います。こちらの学校はかなりフィリピンの生活スタイルに近く、日本人だともどかしいところも多かったですが、逆にいえば他国の文化をより強烈に学べたので今ではいい思い出です。より刺激的な体験をしたいのなら、アーグスはおすすめです。先生方も本当に良くしてくれ、今でも時折連絡を取り合っています。他では味わえない色々なものを学べた良い留学となりました。

AELCの体験談

AELC

1. 年齢
31

2. 性別
男性

3. 留学先の学校名
AELC

4. 留学前の英語力
私の留学前の英語力は、TOEICでいうと500点程度でした。簡単な読み書きと片言の英語が話せる程度の英語力です。

5. 留学後の英語力
留学前に毎月英語力を測るためにTOEICを受験していましたが、500点前後で低迷していましたが、留学後はTOEICで720点をとることに成功しました。TOEICはもちろん伸びましたが、リスニング力、スピーキング力もしかり英語力が全体的に伸びたように思います。また、私の留学先の先生がフィリピン人ではなく、欧米系の先生ばかりのところへ留学したので、当初欧米系の方を見るとしり込みしていましたが、今では欧米系の人と話すことに躊躇せず話せるようになれました。

6. 学校での学習環境、授業内容について
学校での授業は、私は毎日マンツーマン形式の授業を3コマ、そしてグループ形式の授業を1コマとるようにしていました。マンツーマン形式の授業では、特に議題もなく世間話をしたり、発音の矯正やテキストに沿って勉強するスタイルの授業を行っていました。グループ授業では、リスニングを流しそれをなんて言ったのかを先生が生徒にあててくる授業や映画を見て英語で感想文を書いたり、英語でプレゼンテーションをしたりする授業などがありました。

7. 学校の食事、生活環境や衛生環境(設備や水回りなど)
私の留学先の学校は、韓国資本の学校だったため、基本的に韓国人が6、7割を占めており、また、料理も韓国料理が出されていました。学校の食事だけでは生活に必要な栄養素を摂取することが難しいので、サプリメントを携行していくことをおすすめします。設備で付属しているwifiもありますが、使用できなくなることもありました。水回りに関しても排水溝がよくつまり水浸しになったりすることもありました。発展途上国ゆえにインフラがまだまだ整っていない印象を受けました。

8. フィリピンの環境や驚いたことや楽しかったことのエピソード
フィリピン人はとてもフレンドリーで誰と話してもすぐに親しくなれることはびっくりしました。こんなことを言うと日本人の方に怒られてしまいそうですが、フィリピンに7か月留学して日本に帰ると、日本人は知らない他人にはすごくそっけない対応をするので何か心の貧しさというか心の余裕のなさを感じるようになりました。フィリピンは島国でLCCがいろいろな島へ就航しているので、数千円で飛行機に乗れ、フィリピンの色々な都市やビーチへ気軽に行けたことは楽しかった記憶の一つです。

9. 留学の総論
私が留学した経験から、時間とお金が許すのであれば思い切っていくことをお勧めします。もし学生で時間はあるけど、お金がない場合だったとしたら、親にお金を借りるなりしてでも留学すべきだと思います。私は学生の時に留学しましたが、社会人になると時間に追われて留学どころか普段の英語学習をするのも大変になります。英語は若いうちに習得しておくことで、その後の人生で必ず役にたってきます。また、留学してくる日本人や韓国人は、それなりに意識の高い人たちが留学してくるので、その人達と知り合えるのも一つの楽しみだと思います。留学中は、異国ということもあり生活することから勉強になり、一日一日自分が成長していくことを感じられ、お金以上にとても貴重な時間を過ごせたと思います。